情報館
ユーザビリティ
材料分析
EMC
電子回路解析
デバイス創造
電気安全
バイオ評価
信頼性

こんにちは。ユーザビリティの宮地です。


ユーザビリティソリューション部が効果検証を担当した「車載向け高精細ワイドディスプレイシステム」が2017年度グッドデザイン賞 ベスト100、およびグッドデザイン特別賞(未来づくり)に選ばれました。(これらの賞は、グッドデザイン賞受賞作の中でも、独自性、提案性、審美性、完成度などで、特に高く評価されたものに贈られる賞です。)



miyachi_good_design.jpg


今回担当した評価では、被験者の方に 実物大の稼動プロトタイプに乗車いただき、システムの使用性をインタビュー形式でお聞きするとともに、視線解析により運転時の視線の移動量を定量的に把握することで、従来型のシステムとの差を定量的に明らかにすることが出来ました。



mirror2.jpg

従来のミラーと比較して視線移動回数が増えている(何度もミラーを確認できる)にも関わらず、

視線移動距離が短くなっている(必要な情報がすぐに見つかる)ことが明らかになった。



審査委員のコメント(以下に引用)において、計測した視線移動量の変化についても触れていただいています。


■受審査員のコメント(グッドデザイン賞ホームページの「審査委員の評価」より引用)
「運転支援技術の高度化に対応し、サイドミラーとルームミラーをミラーレス化、一つの大型ディスプレイに集約可能とする製品。既存のミラーに比較して視線移動を減らすことができるほか、視線検出カメラでドライバーの注目するミラー画像のみを明るく表示するなど、ドライバーの負担軽減を実現している。運転支援情報をミラー画像に重ね合わせ、車線変更情報などをわかりやすくドライバーに提示する用途も考えられるだろう。デザイン面でも、ミラー位置・形状に制約がなくなるとエクステリアデザインの自由度が圧倒的に上がり、これからの自動車のあり方を大きく変える製品であると評価できる。」


受賞対象詳細ページ:http://www.g-mark.org/award/describe/45349


このように、ユーザビリティソリューション部では、
各種実証実験により、目には見えにくい商品の効果をわかりやすいデータで訴求 することに取組んでいます。
目的にあわせて 評価方法から一緒に検討させていただくことも可能ですので
商品の効果検証などでお悩みの方は是非ご相談くださいませ!


下記HPに当部門で実施している内容を簡単にご紹介しております。是非覗いてみてください。

ユーザビリティソリューション部の「わかりやすい商品」開発支援
http://iweb.mei.co.jp/cont/aec/usability/understandability.html
実証実験支援
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/demonstration.html

こんにちは。ユーザビリティの小川です。


自動車会社フォード・モーター創設者のヘンリー・フォードが、
「もし私が顧客に何がほしいか聞いていたら、彼らはもっと
速い馬がほしいと答えただろう。」という話があります。

顧客の声をまともに聞いていたら、車は生まれなかった
という話で、ユーザへのヒアリングなんて不要だという
文脈で、紹介されたりすることもあります。


ユーザ調査やマーケティング調査は必要ないのでしょうか。


結論からいうと、私は、そうは思いません。

なぜか。

先程の話もそうですが、実は、お客様はいい情報を発信して
くれていて、もっと早く目的地につきたい、馬車の速さでは、
まだまだ、満足してないということを教えてくれています。

それをもっと速い馬という言葉で回答しているだけです。


目的:もっと早く目的地に着く

手段:そのために、もっと速い馬がほしい


答え(手段)までお客様に求めてはいけないということだと思います。
お客様は、まだ世の中にないものを創造する役割は担っていません。
あくまで、一生活者として、何に顕在的、潜在的な不満を感じているのか
を発信してくれるので、そういった気持ちの変化の兆しからクリエイト
していくのは、我々メーカーの役割だと思います。

また、メーカーで考えたアイデアを具体的に見せれば、いいとか悪いとか
の判断をするのもお客様は得意です。これまで、我々もいろいろと
経験してきましたが、開発者が、見えなくなっていることも教えてくれます。
(アイデアをどういった人に見せればいいかというのも重要ですが、
そのことについては、別の機会に書きたいと思います。)


すべてをお客様にゆだねるのではなく、
① 生活者としての発信をくみとり、
② 新しい価値をクリエイトし、
③ それをお客様に問う(検証する)。
そのステップを踏むことで、新しい価値を生み出すことができる
のだと思います。


プロダクト解析センターでは、ヒアリングやアンケートのような定性調査から、
人間工学等の技術を活用した定量的・科学的な調査まで、目的や開発プロセスに
応じた様々な調査手法を保有しています。
顧客視点をもっと製品やサービス開発に入れたいが、なかなか難しいと
お悩みの方がいらっしゃいましたら、ご相談頂ければと思います。

ここまでお読み頂き、ありがとうございます!


これまでの開発支援の紹介ページを紹介しています。
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/index.html

門真EMCサイトの橋坂です。


ISO/IEC 17025の認定を取得している試験所であれば、どんな試験でも実施できるわけではなく、別途、認定範囲として試験所で対応できる規格が定められていることを皆さんご存知でしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------------
ISO/IEC17025の試験所認定とは、運営能力、及び技術能力が
一定以上の要求水準を満たす試験所に与えられるものです。

-------------------------------------------------------------------------------------


今まで当EMCテストラボでは、民生EMC規格(例えば、家電:CISPR14、照明:CISPR15など)については数多くの規格を認定範囲に含めておりましたが、半導体部品や車載機器に関係する規格については含めておりませんでした。


最近、ISO/IEC 17025認定試験所で測定した結果が必要というお問い合わせも多くいただいておりますので、このたび、半導体EMC規格と車載EMC規格につきましても認定範囲に追加し、ISO/IEC 17025認定試験所でのEMC試験サービスのご提供ができるようになりました。
また半導体EMC規格のISO/IEC 17025認定取得は日本初となります!


今回、追加した認定範囲
 半導体EMC規格
  IEC 61967-1 :エミッション測定の一般条件
  IEC 61967-2 :TEMセル法(エミッション)
  IEC 61967-4 :1Ω/150Ω法(エミッション)
  IEC 62132-1 :イミュニティ試験の一般条件
  IEC 62132-2 :TEMセル法(イミュニティ)
  IEC 62132-4 :DPI法(イミュニティ)

LSI.jpgIEC 62132-2 :TEMセル法(イミュニティ)


 車載EMC規格
  CISPR 25 :放射及び伝導エミッション測定
  ISO 11452-2 :アンテナ照射試験
  ISO 11452-4 :BCI試験
  ISO 11452-8 :アンテナ近接試験
  ISO 7637-2 :トランジェントエミッション測定
     及びイミュニティ試験(電源線)
  ISO 7637-3 :トランジェントイミュニティ試験(信号線)
  ISO 16750-2 :電源電圧変動試験
  ISO 10605 :静電気放電試験

syasai.jpgのサムネイル画像

ISO 11452-8 :アンテナ近接試験


皆さんお気軽にお問合せ下さい。


認定範囲については下記URLをご確認下さい
http://www.jab.or.jp/system/service/testinglaboratories/accreditation/detail/346/


EMC試験については こちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/


車載EMC試験についてはこちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/emc/in-vehicle-emc.html

こんにちは。ユーザビリティの小川です。


アジャイル開発におけるユーザビリティソリューションの役割の4回目(最終回)。
今回は、「実証実験のエキスパート」という内容です。


世の中は、面白いアイデアで溢れています。

そういった面白いアイデアは、これまでは、個人や会社の中で温められ、完成度を上げ、満を持してリリースというやり方が主流でしたが、現在は、早い段階で、世の中に問い、多様な方々との共創で製品・サービスのレベルを上げていく方法が広がっています。


我々の部門にも、そういった考え方のもと、新しい製品やサービスを早い段階で社会に問う、実証実験のサポートをしてほしいという依頼が、かなり増えています。


これまで、我々の部門では、
・離床アシストロボット リショーネ(介護施設にて)
・高臨場感プレミアム空間演出ソリューション(札幌ドームにて)
・オープンスペースの暑さをやわらげ、快適さを提供するグリーンエアコン(新橋駅前にて)
など様々な製品・サービスの実証実験(効果検証)に協力させてもらいましたが、今後は、そういった実証実験の計画立案から準備、実施、まとめまでしっかりと行える「実証実験のエキスパート」という機能が重要になってくると思います。


また、こういった実証実験を行う際、製品・サービスを体験した効果を科学的、定量的に測れないかということも、よく相談されます。我々、プロダクト解析センターでは、通常のアンケート評価に加え、視線解析、生理評価、表情解析、音声解析など様々な科学的な指標を用いて、効果を計ることも併せて行っており、こういった内容がワンストップで提供できるところが喜んで頂けています。


アジャイル開発におけるユーザビリティソリューションの役割④
実証実験のエキスパートとなる。


これまで、4回にわたって、アジャイル開発のためのユーザビリティソリューションの役割というテーマで書かせてもらいました。


(1)ユーザ検証のスピードをあげる
(2)ヒューマンファクターの専門家としてクリエーションに貢献する
(3)ヒューマンシミュレーションを開発に活かす
(4)実証実験のエキスパートとなる。


我々が持つ「お客様(ユーザ)を解析する」技術やノウハウが、アジャイル開発においても十分活かせるよう、上記4点を意識して、進めていきたいと考えています。


ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

我々の取り組みに興味を持たれた方は、お気軽にご連絡頂ければと思います。


プロダクト解析センターの実証実験支援
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/demonstration.html
これまでの開発支援の紹介ページ
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/index.html


 電気ソリューション部 電子回路設計課の大住です。今回は、設計診断の事例を紹介します。

 ある商品のEMC対策を相談いただきました。樹脂ケースの内側に「導電塗装」を施し、さらに様々なEMC対策を検討したが、輻射が減らないとのこと。下記ステップで検証することにしました。

Step1.ノイズの素性把握

 暗室での追加評価により、3つのノイズが複合していることが判明しました。
  ①30MHz付近:DCDCコンバータ
  ②100~300MHz:筐体FG要因
  ③ヒゲ状ノイズ:映像系のクロック高調波

 課題の周波数範囲が広く、上記以外にもノイズ要因があると考え、EMCに特化した【設計診断】を提案しました。

設計診断 → http://www2.panasonic.co.jp/aec/electric/design-review.html

Step2.EMCに特化した設計診断

 弊社独自の観点表に基づき、「部品選定」「回路設計」「基板レイアウト」「機構設計」について、35項目の課題のピックアップ、改善提案を実施しました。特に次に課題が見つかりました。
  ①DCDCコンバータの使用部品、レイアウト
  ②筐体への基板の接地方法
  ③GND分離によるリターンパス分断

 診断に基づく改版により不要輻射が改善し、最終的には、なんと規格を満足するだけでなく、導電塗装を無くすことができました。

ele-design-1017.gif

 ノイズは根元から断つ!回路、基板レイアウトの重要性を再認識した次第です。第三者視点でチェックする設計診断にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

篠山EMCサイトの木元です。


本日は、篠山EMCサイトの車載機器のEMC評価環境についてご紹介します。


車載機器は、誤動作すると人命にかかわる事故に直結するため、誤動作は許されません。そのため民生機器に比べ、非常に厳しい要求レベルになっています。


車載機器の要求レベル例

1.png


そのため対策において、
エミッションの対策がイミュニティ性能に影響しないのか
イミュニティの対策がエミッション性能に影響しないのか
を確認しながら、いかに効率よく対策することが重要になります。


しかし、エミッションとイミュニティの試験室が異なることで、商品の移動や、配置のやり直しなどに時間をとられるような経験があるかと思います。

篠山サイトの車載用電波暗室は、エミッションとイミュニティの試験を同じ試験室内で実施できるため、商品の配置を変更することなく、ご利用時間中であれば、お客様のタイミングで切り替えることができます。
同じ配置でエミッションとイミュニティの対策を行うことが出来るので、対策前後の変化についても、より確実に確認できます。

候補1.jpg車載用電波暗室


篠山EMCサイトの車載用電波暗室のスペック、対応可能試験一覧はこちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/emc/equipment-s-carsite.html


試験の経験がなくても大丈夫です。
弊社の経験豊富な試験員が試験配置から測定方法までサポートしますので
お気軽にお問合せください。


また、篠山EMCサイトを連日ご利用の場合、徒歩約5分の宿泊施設(ユニトピアささやま)を、
お客様のご負担無く宿泊頂けます。


EMC試験については こちら↓
http://www.panasonic.co.jp/aec/emc/index.html


電気ソリューション部 システム安全設計課の亘です

最近問合せが増えております、医療機器の電気的安全性についてご紹介します。

厚生労働省は医療機器について、産業振興のための政策に取り組み、国際競争力を強化することを推し進めています。
その政策の中で、従来の薬事法が、2014年に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(通称、薬機法)に改正されて、医療機器の安全性に対する要求も強化されました。

薬機法の主な改正として2つのポイントを紹介いたします。

<医療機器の扱いとカテゴリー>
これまでの薬事法から「医療機器」の「章」が新たに追加され、クラス分類が下記のように改定されました。

カテゴリsmall.jpg

従来と比較し、クラスⅢがPMDA(1機関)から第三者認証(14機関)に拡大されたことで、厚生労働省として増加する医療機器への対応を図りました。

これにより体外式結石破砕装置や汎用輸液ポンプといった医療機関で使用される機器はクラスⅢですので、これまで大臣承認だったものが登録認証機関による第三者認証に変更されるケースがあります。

電子式血圧計や電子体温計といった家電製品に近いような機器はクラスⅡですので、多くは登録認証機関による第三者認証になります。但し、クラスⅡでも、新規医療機器等は大臣承認になる場合もあるので注意が必要です。(クラスⅠやⅢも含む)

この分野の機器については、家電製品に近いこともあり、評価項目や水準のご相談を頂く機会が多いです。我々も、機器の特性を考慮し回答、ご提案をさせて頂いております。

<安全性の適合を確認する規格>
薬機法では安全性の適合を確認するため、JIS T 0601-1を満足することを要求しています。その対象であるJIS規格が2017年5月31日に「JIS T 0601-1:2017」に切り替えられました。(旧版であるJIS T 0601-1:1999は失効しました) 2017年度版では、特に感電に関する要求がこれまでより厳しくなりました。
一例を挙げますと、接地線が故障(断線)したことを想定した試験があります。

医療機器の開発では接地線を設けて感電に対する安全性を高めていると思います。
しかし、この接地線がトラブルにより断線したと想定した試験が追加され、その状況下でも感電してはならないと要求されています。(接地漏れ電流測定)
このように、トラブルを想定した試験が2017年版では多く追加されています。

感電評価.jpg

弊社では、薬機法に対応すべく評価環境の整備を行い、JIS T 0601-1:2017 (電気的安全性)の評価ができるようになりました。

プロダクト解析センターの試験報告書は、各クラスにおける届出や第三者認証に必要な、エビデンスとして利用頂くことが可能です。

医療機器の安全性についての、ご相談、お困りのことがあれば、是非ご相談下さい。

漏れ電流測定器.jpg

漏れ電流試験機(JIS T 0601-1:2017対応)


絶縁抵抗耐圧試験機.jpg

絶縁抵抗・耐圧試験機


アース導通試験機.jpg

アース導通試験機

 

こんにちは。ユーザビリティの川口です。


シゴトバBASE様主催の3Dプリントコンテストにて、大阪大学とパナソニックが取り組んでいる国プロ(SIP)*にて開発した「デライト設計・価値分析システム」の実証実験をお手伝いしました。

                                           *「三次元異方性カスタマイズ化設計・付加製造拠点の構築と地域実証」(管理法人NEDO)


この国プロでは、ユーザー視点をものづくりに取り入れることでデライトな製品を作るためのプロセスや手法の開発に取り組んでいます。


私たちは、感性評価のノウハウを活かして、設計システムの「GUI設計」や分析システムの「分析エンジンの仕様検討」などに関わってきました。

3Dプリントコンテストには、メーカーとは違うかたちでものづくりを実践している方が多く参加されています。
このような方々に、開発したシステムを活用していただき(実証・PR)、その効果を確認(検証)することが今回の目的でした。


このように、ユーザビリティソリューション部では、
・実証実験での効果検証評価
だけでなく、
・システムのGUI検討
・多変量解析を活用した分析システムの検討
・ニーズ探索
など、多面的にプロジェクトを支援することが可能です。


3Dプリントコンテストの参加者の方々は、デザイン系の先生や学生さん、趣味で3Dモデリングをされている方など、これまでなじみのなかった分野の方が多く、非常に刺激を受けました。作品について熱く語られている姿や、3Dプリンタの仕上がりの違いなどの議論があちこちで見られました。社内の開発部門とは一味ちがう方々とも、ぜひ一緒にお仕事ができればと思っています!
なにかお手伝いできそうなことがあれば、ぜひご相談ください。


シゴトバLAB 3Dプリントコンテスト
http://shigotoba-base.com/event/693/

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

「三次元異方性カスタマイズ化設計・付加製造拠点の構築と地域実証」
http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/sipk/



shigotoba-kawaguchi.png

3DプリントコンテストでのPRの様子:シゴトバBASEにて
(説明員 川口)



下記HPに当部門で実施している内容を簡単にご紹介しております。是非覗いてみてください。

感性評価
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/sensibility.htm
わかりやすさ
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/understandability.html
実証実験支援
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/demonstration.html


こんにちは。ユーザビリティの小川です。


アジャイル開発におけるユーザビリティソリューションの役割について、過去2回、

(1)「ユーザ検証のスピードをあげていく

(2)「ユーザ理解の専門家としてクリエーションに貢献する

ということについて書かせてもらいましたが、今回は、3回目として、「シミュレーションを活用する」という内容で書きたいと思います。


今、世の中では、電磁界解析、強度解析、温熱解析、光学解析など様々な現象解明にシミュレーションが活用されています。


シミュレーションは、検証するための試作品作成の時間やコストを削減できることに加え、様々な水準をふり、トライ数の多い検証をまわすのにメリットがありますが、他の分野と比較すると、ユーザビリティの世界では、まだまだ、活用は遅れているように思います。


すばやく作り、すばやく検証し、すばやく改善する、そのサイクルを小さく、たくさん回していくことがアジャイル開発には必要ですが、

そのサイクルは、必ずしも、すべてリアルな世界でまわす必要はないように思います。シミュレーションを活用することで、一つ一つを実証でつぶしていくアプローチでは非現実的なトライ数をこなせることは、大きなメリットです。


シミュレーションをアジャイル開発の強い味方にすることが、

これからのユーザビリティソリューションには必要になってくると考えています。


パナソニックは、デジタルヒューマンの技術を独自開発し、ヒューマンシミュレーション分野の開拓に挑戦しています。

たとえば、製品使用時の身体負担や製品安全(骨折など)については、シミュレーションでかなりの精度で推定できるようになっており、

多数の製品開発に活用されており、既に実用化レベルに達しています。






今後は、AIの技術を組み合わせ、五感をシミュレーションで解析するヒューマンシミュレーション技術を開発し、

様々な方のご要望に応えてきたいと考えています。


アジャイル開発におけるユーザビリティソリューションの役割③
ヒューマンシミュレーションを開発に活かす


次回につづく。


プロダクト解析センターのデジタルヒューマンサービス

http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/degital-human.html

これまでの開発支援の紹介ページ

http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/index.html

日経デザイン誌への記事広告

http://www2.panasonic.co.jp/aec/data/usability/ND_Panasonic_04.pdf

こんにちは。

ユーザビリティの川口です。


2017年10月4~6日にインテックス大阪で開催される、
設計・製造ソリューション展(http://www.dms-kansai.jp/)にて、
ユーザーの感性をデザイン・設計に活用する技術を紹介します。


solution-ten.JPG


一緒にお仕事をさせてもらっている、
国プロ(SIP)「三次元異方性カスタマイズ化設計・付加製造拠点の構築と地域実証」(管理法人:NEDO)
http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/sipk/
の出展ブース(2号館4-56)の一角をお借りします。


感性評価やデジタルヒューマンにご興味のある方は、
この機会にぜひお立ち寄りください!


これまでの開発支援の紹介ページ
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/index.html

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
お問い合わせ