情報館
ユーザビリティ
材料分析
EMC
電子回路解析
デバイス創造
電気安全
バイオ評価
信頼性

こんにちは。ユーザビリティの小川です。


アジャイル開発におけるユーザビリティソリューションの役割について、前回の、「ユーザ検証のスピードをあげていく」というテーマに続き、今回は、「ユーザ理解の専門家としてクリエーションに貢献する」という内容で書きたいと思います。


THE TEN FACES OF INNOVATION「イノベーションの達人!発想する会社をつくる10の人材」という本の中で、IDEO社のゼネラルマネージャーであるトムケリーさんは、イノベーションはチームプレーであり、1人の天才ではなく「10の人材」が必要であると書かれています。


この本の中で紹介される「10の人材」の中の最初に出てくるのが、我々のミッションに近い、「人類学者」と呼ばれるキャラクターです。IDEO社では、ヒューマンファクターという専門部門があり、行動観察などにより、お客様を深く理解し、製品とユーザがミスマッチしている部分から新しい気づき出しをする機能を果しており、製品開発やイノベーションに深く入り込んでいるということが書かれていました。


前回書いた、ユーザ検証のスピードアップはとても重要なテーマですが、検証自体は目的ではなく、よりよい方向を生みだしていくための手段なので、我々のような仕事は、ユーザ評価・検証を上手に行うだけでは不十分で、もっと積極的に、開発の上流から参画し、ヒューマンファクターの側面から、イノベーションを起こすために、事業企画、商品企画、商品開発、商品設計、デザイナーの方々と一体となり、新しいものをクリエイトすることに、コミットしていかなければいけないと思っています。


そうすることで、お客様視点で製品開発の質やスピードの向上を図り、アジャイル開発の後押しもできるのではと考えています。これまでも、このような形でテーマやプロジェクトに入らせてもらう機会はありましたが、今後は、より一層、そういう機会を増やしていければと思っています。



アジャイル開発におけるユーザビリティソリューションの役割②
ヒューマンファクターの専門家としてクリエーションに貢献する


次回につづく。


プロダクト解析センターの新価値創出支援
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/new_value_creation.html
これまでの開発支援の紹介ページ
http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/index.html


こんにちは。

ユーザビリティの水谷です。


アカデミックマーケティングを、ご存じですか?


アカデミックマーケティングとは、商品の機能や効果を科学的に検証することで、お客さまにとっての商品の出来栄えを データで見える化 し,それをマーケティングに活用する手法です。


アカデミックマーケティングの意味はわかったけれど、お客さまにとっての商品の出来栄えを訴求すると言っても、何を、どのように見える化すれば、いいのかわからない・・・と思われるかもしれませんね。


プロダクト解析センターでは、ユーザー評価のスキルとノウハウを駆使して、商品の出来栄えをお客さまにとってわかりやすいデータで見える化し、効果的に訴求するために、どのような評価をして、どのようなデータで見える化すればいいか、評価方法から一緒に検討させていただきます。


academic.jpg


例えば、浴室用手すり おきラク手すりでは、手すりの有無による身体負担の軽減の見える化にデジタルヒューマン技術が活用されています。

商品の訴求方法にお困りの方は、是非一度ユーザビリティソリューションの活用をご検討ください。



下記HPに当部門で実施している各種評価について簡単にご紹介しております。是非覗いてみてください。

アカデミックマーケティング:http://www2.panasonic.co.jp/aec/usability/academic-marketing.html


社内・社外問わずにご依頼承っております。
興味のある方は下記お問い合わせフォームにお気軽にお問い合わせください。
https://www2.panasonic.co.jp/aec/inquiry/index.php?to=usability

門真EMCサイトの石橋です。


今年の夏は、ゲリラ豪雨や突然の夕立が多く、落雷が多発しています。
先週末には、都心で2時間に1000発以上の落雷があり、昨日も愛知県で7000発以上の落雷が観測されました。

shutterstock_116127718.jpg
このような落雷によって、屋内外に設置された電子機器が故障するケースが後を絶ちません。この原因の多くは、直撃雷ではなく、誘導雷によるものです。


誘導雷とは、落雷時の電磁誘導により電力線等に誘導電流が発生し、周辺に影響を及ぼす現象です。この誘導雷は数km先で発生したものでも影響を受けると言われています。


特に日本は低圧配線の接地方式がTT接地であるため、例えば商品の筐体と保安器のアース線がそれぞれ別の箇所で接地されている(TT接地)と、アース線にサージ電流が流れた際に、それぞれの接地間に電位差が発生してしまいます。


雷_屋外商品の接地イメージ1.jpg屋外商品の接地イメージ


誘導雷による電子機器の故障は、回路内に電位差が発生することによる過電圧によるものです。そのため、雷サージ試験時にはこの電位差が発生する箇所を想定した試験を実施する必要があります。


雷の考え方については、以前にも記載しておりますので、是非参考にしてください。


■雷サージから電気製品を守るために その一
http://www2.panasonic.co.jp/aec/blog/emc/2013/06/post-20.html


■雷サージから電気製品を守るために その二
http://www2.panasonic.co.jp/aec/blog/emc/2013/07/post-22.html


プロダクト解析センターでは、今回のような雷による電子機器の故障についても、検証させていただきますので、是非お気軽にご相談ください。


EMC試験については こちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/

 篠山EMCサイトの山中です。


5月15日に篠山EMCサイトにてTUV Rheinland試験所の更新監査を受審し,品質システム監査,及び実技監査ともに無事更新監査が終了しました。


今回の監査では,新しく下記のスコープを追加しました。


①3相電源に対する電圧ディップ,短時間停電及び電圧変動に対するイミュニティ試験: IEC/EN 61000-4-11

従来の単相に加え,3相電源に対する全てのEMC評価が,篠山サイトで実施できるようになりました。

3相.jpgのサムネイル画像

電圧ディップ,短時間停電及び電圧変動に対するイミュニティ試験


②6 GHzまでの放射イミュニティ試験:IEC 61000-6-1:2016,IEC 61000-6-2:2016,IEC 60601-1-2:2014,CISPR 35:2016

6GHz.jpgのサムネイル画像

6 GHzまでの放射イミュニティ試験


一般規格(generic standard) であるIEC 61000-6-1,-2は2016年に改訂され,6 GHzまでの放射イミュニティ試験が必須になっています。
医用電気機器に対する規格であるIEC 60601-1-2:2014,マルチメディア機器に対する規格であるCISPR 35:2016は,6 GHzまでのワイヤレス通信等に使用される周波数帯に対し,試験実施が推奨されています。


また、TUV Rheinlandの認証を更新する事で,各国のEMC指令に基づく評価だけではなく,低電圧指令「家庭及び類用途の電気機器-安全性-:IEC 60335-1」や機械指令「機能安全規格:IEC 61326-3-1」のEMC要求事項についても試験が可能です。1箇所の試験所にてEMCと安全の両試験を実施することで,試験時間の短縮が可能となります。


今後も継続して,スキル向上に努め,皆様のお役に立てればと思っております。
EMCに関することでしたら,お気軽にご相談下さい。



EMC試験については こちら↓

http://www.panasonic.co.jp/aec/emc/index.html

 電力試験担当の渡邊です。


1月27日、日本配線システム工業会様より、JIS C 5381-11の改定に関する検討実験をご依頼いただきました。


今回、実験したJISの改定ポイントは、8.3.5.3.2 SPD(避雷器)の故障モードを模擬するための追加試験です。
SPDと同時に使用される分離器との組み合わせにおいて、SPDが故障モードになった際、SPD又は分離器で正常に電源から切り離されることの確認を目的とした試験となっております。

CIMG8161.jpg
写真は実験中の様子です。
今回は実際にSPDを搭載した分電盤に100A,500A,1000Aを通電し、その遮断状態をご確認いただきました。


私共は試験だけでなく、今回のような実験検討もサポートさせて頂いております。
大電流に関わる技術課題がございましたら、ぜひ一度お問い合わせください。



大電力試験はこちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/safety/short.html


電気安全のご紹介はこちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/safety/index.html

信頼性ソリューション部 製品評価課の高木です。


パワーデバイスは、電源(電力)の制御や供給を行う半導体であり、車載関連、蓄電システムなど、私たちのまわりの色々な製品に使われており、今後もエネルギー、環境分野での応用が期待されています。反面、扱う電圧や電流が大きく、使用環境も厳しいことから、故障や事故につながる可能性がある為、高い信頼性が要求されています。
Power Device Reliability1_20170118.jpg

このような開発環境を考慮し、この度、大容量パワーデバイスの評価が可能な設備を導入しました。

また、1台あたりの定格電力は、8kWですが、最大5台並列して運転(40kW)することも可能です。


Power Device Reliability2_20170118.jpg

<試験サービス>

高温もしくは高温高湿環境下で高電圧(~850V)を印加して、絶縁劣化の故障モードを再現する試験です。 劣化状態は、リーク電流を常時測定することにより把握することができます。


Power Device Reliability3_20170118.jpg 併せて、『限られた期間内で信頼性試験をしたい』、『新製品の安全性を評価したい』といったお困りごとが ございましたら、お気軽にご相談ください。


▼その他の信頼性に関するお困りごとはこちら:

http://www2.panasonic.co.jp/aec/reliability/index.html

電気ソリューション部 電子回路設計課の荻野です。


ここ数年、プリント基板上のDRAMの解析・設計のご依頼案件はDDR3が多かったのですが、2015年頃から新たにLPDDR4のご依頼もいただいておりますので、その際の留意点についてご紹介いたします。


DDR3からLPDDR4へ移行する際のハード設計における主な留意点は、動作周波数の高速化、伝送波形の低振幅化です。DDR3とLPDDR4との差異について、それぞれのデータ信号のSI解析波形を同じスケールで表示したものを示します。

DDR3とLPDDR4.png

仮にDDR3同様のジッタやノイズがLPDDR4にも発生する場合、信号波形が伝送できないことは一目瞭然です。

これまでDDR3の規格を満たした基板設計を行っていても、同様の設計でLPDDR4の規格を満足できるとは限りません。そのため、プリント基板上の信号配線の検討のみではなく、 LPDDR4と接続するLSI/パッケージの特性や基板の基材選定、バイパスコンデンサの配置等、幅広い項目に配慮して設計する必要があります。

我々はパナソニックのデジタルTV等のAV機器を初め、長年にわたりDRAM周りの解析、設計を支援させていただいており、いくつかの事例をこちらで(http://www2.panasonic.co.jp/aec/electric/example.html)ご紹介しております。DRAMの高速化やジッタ対策などお困りごとがございましたらお気軽にお問合せください。



高速信号回路の「リーン設計技術」のページ↓

http://www2.panasonic.co.jp/aec/electric/lean-design.html


お問い合わせはこちらからどうぞ↓

https://www2.panasonic.co.jp/aec/inquiry/index.php?to=electric


電気ソリューション部 電子回路設計課の大住です。これからEMCに携わる技術者の方々に、お勧めの記事を紹介いたします。

月刊EMCの特集「0(ゼロ)からのEMC対策と設計」にて、2014年10月23日(金)に開催された第21回EMC環境フォーラムで講演した一部を掲載しております。私が執筆を担当させていただいた「はじめてのEMC対策」では、EMC対策を5項目に分け、対策のポイントと各々の具体事例をご紹介しております。

はじめてのEMC対策とありますが、基板設計においてチェックすべき項目を多数掲載しています。本内容をまとめておけば、基板設計時のチェックに活用できますので、EMC設計・対策経験者の方にも是非一読いただければ幸いです。

 

electric_20161221.png

月刊EMC2016年12月号(No.344)

【特集】 0(ゼロ)からのEMC対策と設計

はじめてのEMC対策 ―解決に至るアプローチとは―
  1. はじめに
  2. EMC対策の基本
  3. EMC対策事例の紹介
  4. EMC対策で重要なこと


月刊EMCのご紹介ページはこちら↓

http://www.it-book.co.jp/EMC/index.html


プロダクト解析センターの電子回路解析ページはこちら↓

http://www2.panasonic.co.jp/aec/electric/index.html

EMCデザインプロセスのコンサルティングを担当しています小山です。

最近、「EMC対策で毎回困っているので、何か良い方法はないか?」との問い合わせを多くいただくようになりました。

パナソニックでは、約10年前から、EMC設計の完成度を向上させるための取り組み(プロセス革新)を行っています。そして今回、これまで積上げてきた手法や事例を、SPIDER(System of Panasonic Innovation Design for EMC Requirement)として整理し、お客様に対してコンサルティングの提供を開始いたしました。

詳しい内容は、ご紹介ページをご覧下さい。


spider_20161214.jpg

SPIDERの様子


 現在、何社かのお客様とSPIDERの取組みを実践しております。「やり方が勉強になった。独自に展開してみたい。ノウハウが抽出できて良かった。」等、喜んでいただけてやりがいを感じています。皆様からのご相談をお待ちしております。



パナソニック式 EMCデザインプロセス"SPIDER"のページ↓

http://www2.panasonic.co.jp/aec/electric/spider.html


お問い合わせはこちらからどうぞ↓

https://www2.panasonic.co.jp/aec/inquiry/index.php?to=electric


デバイス評価課の金田です。


この度、プロダクト解析センターでは、"国内で飛散している全11種類の花粉"を見える化できる技術を確立しました。

 bio_20161118-01.jpg

皆さんは花粉症にお困りではありませんか? 私は大学入学を機に、北海道に引っ越しました。それまでずっと春先に悩まされていた、スギ花粉の花粉症から解放されると喜びました。しかし、入学して間もなく再び花粉症に悩まされました。その犯人は、シラカンバの花粉です。北海道で広く植生しているシラカンバの花粉は、4~6月にかけて飛散します。北海道では無縁だと思っていた、花粉症。実は花粉症の原因となる花粉は、ほぼ一年中日本のどこかで飛散しています。

【国内における全11種の花粉の飛散時期】

bio_20161118-03.jpg

今回ご紹介する評価サービスは、タンパク質の分離・見える化に用いられる電気泳動法を応用したものです。花粉対策商品を運転前後の花粉アレル物質を電気泳動法により分離・見える化することで、その効果を評価することが可能です。

bio_20161118-02.jpg

花粉アレル物質の見える化の事例


花粉対策商品の開発でお困りの方、是非、本センターの花粉対策商品の効果の見える化評価サービスをご活用ください。


« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
お問い合わせ