電気安全

電気ソリューション部 システム安全設計課のタンヤポンです。

 東京ビッグサイトで11/29~12/1に実施された「2017国際ロボット展」にロボット事業を支援するソリューションを出展しました。

 パナソニックブースの中で、「人に寄り添うロボティクス技術」のコンセプトのもと、3つのロボットや、2つのコアデバイスと並んで、「ロボットの安全設計・評価ソリューション」と「ロボット導入効果検証ソリューション」を訴求しました。

●国際ロボット展のパナソニックブース

IMG_7463.jpg


●展示ポスター: ロボットの安全設計・評価ソリューション

20180109_1786.jpg


●展示ポスター: ロボット導入効果検証ソリューション

20180109_1788.jpg


会場では、海外を含めたプレスの取材を受け、特に国プロ Impact* にて開発中の「Pain-Sensingダミー」の上腕部モデルのプロト展示が注目を集めました。
(* Impact: 政府の科学技術・イノベーション会議が、ハイリスク・ハイインパクトな研究開発を促進、持続的な発展性のあるイノベーションシステムの実現を目指したプログラム)


 ●Pain-Sensing

IMG_7468.jpg

 「Pain-Sensingダミー」とは、人の「痛み」を検知する仕組みを模した計測システムで、骨、筋肉、皮膚の3層のパーツで構成され、各層の間に組み込まれた圧力センサによって、ロボットとの接触時に発生する人体の"痛み"や"不安感"を計測します。この技術は、今後、人とロボットが共存するための、ロボットの安全性や使用性の評価に役立つと考えています。

 「痛み」は、人それぞれで評価の非常に難しい分野ですが、これまで人に近い家電分野で培った人体安全のノウハウや、計測技術を駆使して、再来年にはサービス化できるように開発に取り組んでいます。

 システム安全設計課では、このような生体安全をはじめ、電気安全などの安全設計支援や試験評価を行っております。ロボット以外でも、お客様の目的にあわせた評価方法から一緒に検討させていただくことも可能ですので、ご興味がある方や、お悩みの方はぜひご相談ください。

Panasonic Newsroom パナソニックの「人に寄り添うロボットと技術」が集合~2017国際ロボット展
http://news.panasonic.com/jp/stories/2017/52916.html


電気安全のご紹介はこちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/safety/index.html

電気・電力評価課 井内です。

 

タイでのセミナーを終え、帰路に着くまでの束の間にマヒドン大学の方々にバンコク市内を案内してもらいました!

タイは現在、雨季ですが、雨降る様子も無く、日本ではなかなか経験できない暑さでした。

 

また、市内は予想以上に近代的な高層ビルも多く、発展が伺えました。そんななか、王宮ではタイの繊細な装飾技術に圧倒され、また、トゥクトゥクに乗っては渋滞の中でも我先にと突っ込んでいく度胸を学びました。タイマッサージで日頃の疲れも吹っ飛び、おいしいゴハンと笑顔の耐えないやさしい人々に囲まれて英気を養うことができました。まさに微笑みの国を実感してきました。

 

これからも日本やタイのロボット普及のために尽力していきます!

 

thai.png

 

ロボットの安全性についてお困りごとがございましたら、是非解析センターまでお問い合わせください。

 

安全性評価については こちら↓

 

電気・電力評価課 渡邊です。

 

7月9、10日にタイのマヒドン大学( University)で医療ロボットの実用化に向けたセミナーを開催し、渡邊、井内(同課)、高田(パナソニックマネジメントタイ㈱出向)の3名が講師を担当しました。

タイでは、医療ロボットの実用化のための国家プロジェクト(Center for Advanced Medical Robotics)が開始されており、その一環として、このセミナーを企画させてもらいました。このセミナーで私たちは、パナソニックの生活支援ロボット実用化を支えた技術や経験・ノウハウを伝えてきました。日本はもちろん、タイの医療ロボット産業の拡大に向けても技術面からどんどん支援していきたいと思います。

 

watanabe2.JPG

Evaluation Technology to Ensure Product Quality

製品品質を支える評価技術)」 渡邊 竜司

iuchi.JPG

「Risk Assessment(リスクアセスメント)」 井内 亜悠子 

  takada.JPG

「Development of the Design and Quality Evaluation Technology (設計・品質評価技術の開発)」 高田 和憲

 

ロボットの安全性についてお困りごとがございましたら、是非解析センターまでお問い合わせください。

 

安全性評価については こちら↓

 

>http://www2.panasonic.co.jp/aec/safety/

 

電気電力評価課 渡邊です。

5月16、17日の日本火災学会にて、直流による電気火災について、藤原、渡邊の2名が発表させていただきました。

テーマは「直流環境下における亜酸化銅増殖現象の特異性 」と、「絶縁材料の耐アーク着火性評価法」です。

直流の危険性については、まだ周知されていないことも多く、こういった先行研究を行いながら安全性評価へ活用しております。

 

Fijiwara_150517.jpg

「直流環境下における亜酸化銅増殖現象の特異性」 藤原 裕幸

 

Watanabe_150517.jpg 「絶縁材料に対する耐直流アーク着火性評価法」 渡邊 光

 

直流の安全性についてお困りごとがございましたら、是非解析センターまでお問い合わせください。


安全性評価については こちら↓
http://www2.panasonic.co.jp/aec/blog/safety/

 

安全性評価グループ 電力試験チーム 田上です。

 我々のグループでは、海外のお客様にも安全・安心な電気製品をご提供するための一環として、現地の電源環境調査に取り組んでいます。
 タイトルのBharat(バハラット)ってどこか? 答えはインドです。
インドの人は自国をこう呼びます。日本人がJapanでなく「ニッポン」と呼ぶのと同じニュアンスです。
記事のタイトルが投稿済みのものと、かぶらないようにこのように名づけました。

出張に際して準備段階から帰国までに気づいたことなどをご紹介します。

今回は、出張前にやっておくことを紹介します。お勧めするのが予防接種の実施〔出発2ヶ月以上前から]です。

日本では駆逐された数多の細菌、ウイルスが生存しているそうです。中には発病すれば死に至るものもがあります。

最低限、次の3つの予防接種を受けておくことをお勧めします。(食物、傷口、唾液、蚊から感染します)

①A型肝炎,②破傷風,③日本脳炎※

①②③いずれも最低2回以上予防接種しないと免疫効果がありません。さらに2~4週間ほど時間を空けて受けなければならないのでご注意。

◆どこで受けれるの?

A型肝炎、破傷風の予防接種を取り扱う病院は年々増えています。弊社近隣なら松下記念病院で接種可能です。(要予約:事前の抗体検査もあります)

日本脳炎のワクチンを取り扱う病院は案外少ないので行きつけの病院の医師に紹介してもらいましょう。

 ※日本脳炎は1968年以降生まれの方は既に小学校で3種混合ワクチンを投与されていますので原則不要ですが免疫力は個人差があり、年々抵抗力が下がることや、インドのウイルスにどれくらい抵抗力があるか未知数とのことですので改めて接種されることをお勧めします。(私は医師に脅かされ、接種しました(涙))

費用はいずれも5千円~1万円弱/回です。保険は適用されません。

とにかく、病院探し、ワクチン取り寄せ,抗体検査,病院の待ち時間,複数回接種,etc・・・と、やたら時間がかかりますので思い立ったらすぐ準備を始めましょう。

その他の予防接種(黄熱病、B型肝炎、狂犬病など)については厚生労働省のHPをご覧になった上で医師と相談し、ご判断下さい。(現地でしか受けられないものもあります)

IMG_3758(40percent).JPG

予防接種しておけばガンジス川に浸かっても平気?!

今回は以上です。命あってのモノダネ、まずは健康第一ですね。

EMC・安全事業部 安全性評価Grの亘(わたり)です。

先日、キリンビール社の名古屋工場に工場見学に行って来ました。

saf_20110908.JPG


何故、工場見学に???

実は、弊社も、お客様に実験室を見学していただくことがあります。

私が担当する安全性試験室にも来られ、試験機の説明をさせていただく機会もあります。

試験機を説明する際は、専門用語ではなく一般的な言葉で説明することを
心がけていますが、なかなか難しいなと感じていました。

そこで、一体他社では、どのような説明をされているのだろう?という思いを
もって,今回は、説明を聞かせていただきました。

こちらの工場は今年の4月に見学コースがリニューアルされたとのことで、展示物にも立体映像を使われる等、新しい技術が取り入れられていました。

また、実際に麦芽を試食させて頂いたり、ポップに触れたりと体感もできる見学施設になっていました。

直接、これらを参考に弊社の見学内容を改善することは短期間では難しいですが、少しずつ改善していきたいと思います。

今後、見学に来られるお客様に少しでも弊社の役割をご理解頂けるよう努めて参りますので、宜しくお願いいたします。

お問い合わせ