ロボット安全とは?

ロボット安全とは?

2014年2月、国際安全規格であるISO13482が制定され、急激に開発が進んでいる生活支援ロボット。この生活支援ロボットとは、私たちの日常の生活空間に存在し、より快適な生活を送るために支援してくれるロボットです。

しかし、この生活支援ロボットは、産業用ロボットのような大きなパワーをもったロボットが、家電のように身近に存在するという今までになかった状況にあることから、特に安全性に関しては十分な「検討と対策」を行うことが必要とされています。

それでは、この「検討と対策」をどのようなプロセスで、どのように考え、安全なロボットへと作り込んでいくべきなのか。解析センターは、メーカーの中にいながら、第三者機関としてこれまで生活支援ロボットを含む数多くの製品開発を支えてきました。その我々だからこそ知る経験やノウハウを、これからの安全な生活支援ロボットの開発へと役立てたいと考えています。

提供可能なサービス、流れ

製品を開発していくうえで必須となりつつあるリスクアセスメント。このリスクアセスメントは、もちろん生活支援ロボットの安全性を考える上でも国際安全規格ISO13482で要求されています。

そこで、まずはこのリスクアセスメントを実施し、ここから抽出したリスク項目について試験方法や安全のしきい値の決定を行います。次に、それらを開発中の試作品を使って実試験・評価を行い、安全な生活支援ロボットの開発へと役立てます。また、その他、機能安全にも対応しております。

これらの解析センターでの生活支援ロボットへの取り組みは、生活支援ロボットの安全規格策定のための国際WGメンバーや生活支援ロボットの第三者適合性評価・認証を手がける電気安全環境研究所(JET)とも連携して行うことが可能であり、生活支援ロボットの安全認証の獲得や規格化などにも強力な連携体制を持っています。

製品開発フロー

製品開発フロー

実績

衝突安全性試験

プロダクト解析センターでは生活支援ロボットの安全規格策定のための国際WGメンバーと連携して、経済産業省の平成26年度・平成27年度「アジア基準認証推進事業」を受託し、2015年度に制定予定の生活支援ロボットの日本工業規格(JIS)のための衝突安全性試験に関するしきい値決定を行いました。

また、これらの生活支援ロボットの安全性試験方法をASEAN諸国へ普及させることで実績を重ね、日本の高い安全性を担保するための試験規格(JIS)を国際安全規格(ISO)への提案を目指しています。

これらの活動により、安全の担保されていない粗悪品の市場への参入障壁を構築し、日本の高い安全性を持った生活支援ロボットの世界的な普及へと役立てたいと考えています。

連携体制



お問い合わせ先:メールまたはフリーダイヤル 0120-872-207【受付時間】平日9:00~17:15