振動試験

振動ストレス

梱包品、大型製品、小型部品を輸送振動、温湿度との複合による振動ストレスを与えることで、製品の耐振性を確認することができ、製品へフィードバックすることができます。

【現状】

梱包品や自動車・鉄道等の部品においては、常に振動が発生します。加わる振動も様々で、破損や脱落等が発生しないように、輸送ルートや使用状況に応じた評価が必要です。
また、昨今、国内外で地震が多発しており、地震発生時における製品の耐震性を確認することが必要です。

どんな試験が必要?

【例えば】

梱包品の輸送環境や製品の使用環境は、国や場所によって、様々です。製品に加わる振動条件も多種多様であり、実使用環境の振動条件や3方向同時加振の試験をすることによって、より実使用環境に近い条件で評価することが必要です。

なぜなら

これまでは、それぞれの製品において、振動試験は、X、Y、Zの3方向を1方向ずつの加振で実施することが主流でした。1方向ずつ加振するのと、3方向ずつ加振するのでは、製品に加わる挙動が異なります。また、試験時間も短縮することが可能です。
イメージ

 

何ができるの?

タイプの異なる試験機を所有しているので、目的に応じた振動試験が実施できます。

耐震性評価


過去に発生した地震波形等を用いて、転倒、落下、破損、故障等の物理的評価を行うことができます。

輸送振動評価


JIS Z0200等の輸送試験条件にて、梱包品の輸送振動評価を行うことができます。

複合振動評価


温湿度と振動の複合環境での試験ができます。梱包品だけでなく、製品でも、ねじの緩み、製品の機能等を確認することができます。

三軸同時振動評価


ランダム波による三軸同時加振や実波形による振動試験ができます。温湿度との複合試験もできます。



お問い合わせ先:メールまたはフリーダイヤル 0120-872-207【受付時間】平日9:00~17:15