振動試験

小型の制御デバイスから、最大500kgの大型製品、梱包品など幅広いサンプルに対応した振動試験を受託します。振動・強度試験専任の技術スタッフが試験の実施を支援します。あらゆる場面で発生する振動や衝撃など動的荷重ストレスに対する耐性の評価等にご利用下さい。試験の規格やサンプルの搭載方法、試験可否の確認など、お気軽にご相談下さい。

大型振動試験機 ~MAX500kgまでのランダム振動試験、掃引試験~

大型振動試験機では1500mm×1500mmの大きな加振台にて、大型製品、梱包品の各種輸送・振動試験規格に沿った掃引試験やランダム振動試験(JIS Z 0232)等の受託試験が可能です。また、加速度センサーを使い、製品の固有振動数(共振周波数)を測定することで、共振点耐久試験を実施することもできます。


     振動試験 JIS Z 0232 付属書A表1 ランダム振動

・2軸独立加振
・テーブル寸法 1500mm x 1500mm(大型貨物搭載可能)
・JIS試験規格等に準拠した輸送試験が可能
・加速度センサーを使った共振点検出が可能

◆各種規格へ対応可能

JIS Z 0200 (包装貨物)
JIS Z 0232 (包装貨物)
JIS E 4031 (鉄道車両部品)等々

大型振動試験機   装置仕様
加振波形 正弦波、ランダム波
加速度 最大加速度:29.4m/s2(3G)  ※無負荷時
周波数 2~500Hz (正弦波 ~350Hz)
搭載重量 500kgまで※重量等の条件により出力に制限があります。ご相談ください。

三軸同時振動試験機 ~複合環境試験、車両輸送の再現性試験~

計測した振動波形データをX、Y、Z、3軸同時に加振することで実際の貨物輸送(トラック輸送・鉄道輸送等)を再現した受託試験が可能です。
また、恒温槽を使用して試験することで、振動ストレス+温度・湿度ストレスの複合環境試験も実施可能です。


              3軸振動のチャート

・実際に計測した振動波形データを三軸振動試験機により再現
・振動ストレス+温度・湿度ストレスの複合環境を再現
・上下、前後、左右3軸同時加振が可能 (実波形のみ)
・テーブル寸法:400mm×400mm
・槽内部寸法:1000mm×1000mm×1000mm

三軸同時振動試験機   装置仕様
加振波形 正弦波、ランダム波、実波形
加速度 235.2m/s2(24G)
周波数 5~1200Hz
搭載重量 100kgまで※重量等の条件により出力に制限があります。ご相談ください。
温度範囲 -55~175℃
湿度範囲 25~95%RH


お問い合わせ先:メールまたはフリーダイヤル 0120-872-207【受付時間】平日9:00~17:15