耐候性試験(耐光性試験)

紫外線ストレス

成形品や樹脂材料、塗装品及び木材などの屋内、屋外で使用する製品の太陽光【紫外線】による色変化、強度低下を短時間で再現し、トラブルの未然防止を支援します。

【現状】

大気汚染からオゾン層の破壊も懸念され、年々紫外線量は強くなっています。
そのため、樹脂材料や塗装鋼板等の製品に対して、紫外線による外観劣化=色褪せや強度低下について懸念されるところです。

どんな試験が必要?

【例えば】

エンドユーザの品質に関する意識の高まりもあり、屋外使用の製品は勿論、屋内使用の製品であっても外観変化(色褪せや強度低下)に対して、厳しく判断されるようになってきています。
 ⇒外観変化に対するトラブルとなる。

なぜなら

屋外で使用される製品はもちろん、屋内で使用する製品でも紫外線による耐候性試験、評価する必要があります。

樹脂材料

何ができるの?

⇒複数の光源の中から、製品の使用環境等にマッチした耐候性試験を実施いただけます。

耐候性試験

⇒耐候性試験後の色変化について数値化します。

1.試験後の退色性評価

耐候性試験後 色変化データ



お問い合わせ先:メールまたはフリーダイヤル 0120-872-207【受付時間】平日9:00~17:15