ニュースリリース2017年

2017年1月5日
従来比1.4倍の高速印字を実現!
医薬品カートン向け「高速印字タイプCO2レーザマーカ LP-RC350S」を発売

高速印字タイプCO2レーザマーカ LP-RC350S

高速印字タイプCO2レーザマーカ LP-RC350S

 

パナソニック デバイスSUNX株式会社(本社 愛知県春日井市 社長 富永 俊秀)は、従来比1.4倍の高速印字により、医薬品の高速カートナーラインにも追従する「高速印字タイプCO2レーザマーカ LP-RC350S」を 1月5日に発売しました。

高速化が進む医薬品のカートナーラインにおいて、印字時間のかかるバーコード(GS1 DataBar)のレーザマーキング工程は全工程の中でネック工程になりがちでした。LP-RC350Sは新設計のガルバノスキャナと新搭載の高速ベクトル処理エンジン(VPE)により実現した、高速で高品質な印字により、カートナーラインの生産性を最大限に高めます。

■主な特長

  1. 1.従来比1.4倍の高速印字
    正確かつ高速な動作を実現する新開発ガルバノスキャナと、高速ベクトル処理エンジンの搭載により、高速かつ高品質の印字を実現。

    「80箱/分」でも高品位にGS1 DataBar印字

  • ※ GS1 DataBar モジュール幅0.25mmでの印字
  • ※ 個装箱の印刷状態によっては、再現できない場合があります。あらかじめ印字テストをお願いします。
  1. 2.GS1 DataBar印字に特化した専用機能
    個別条件設定やスペースサイズの任意設定等、GS1 DataBar印字のさまざまなご要望にお応えします。
  2. 3.直感的な設定が可能な設定ソフト
    印字位置調整からレーザの条件設定まで、パソコンにて直感的な操作で設定が可能です。

■印字例

GS1 DataBar
GS1 DataBar
モジュール幅:0.25mm
GS1 DataMatrix
GS1 DataMatrix
セルサイズ:0.3mm

■主な仕様

型式名 LP-RC350S
印字レーザ CO2レーザ(波長:10.6μm)、クラス4レーザ
加工点平均出力*1 33W(±2W)
ガイドレーザ・ポインタ 半導体レーザ(波長:655nm)、クラス2レーザ、最大出力:1mW以下
印字範囲 85×85mm
ワーク間距離*2 103mm
スキャンスピード 最大 12,000mm/s
対応ラインスピード 最大 240m/分
バーコード CODE39、CODE128 (GS1-128)、ITF、NW-7、EAN/UPC/JAN、
GS1 DataBar Limited、GS1 DataBar Stacked、
GS1 DataBar Limited CC-A、GS1 DataBar Stacked CC-A
2次元コード QRコード、マイクロQRコード、iQRコード、
データマトリックス、GS1 データマトリックス、PDF417
入出力ポート I/O端子台(40ピン)、 I/Oコネクタ(40ピン)
インタフェース EIA-RS-232C、Ethernet
電源電圧 190V AC 〜 252V AC(電源電圧変動±5% 含む) 周波数 50/60Hz
消費電力*3 1,080VA 以下 (5.7A以下)
使用周囲温度*4 0℃〜 +40℃
使用周囲湿度*4 35〜85% RH
質量 ヘッド:約15kg コントローラ:約32kg
海外規格適合 FDA規則、CEマーキング、GB規格、KCマーク
対応OS*5 Windows® 10 Pro (32ビット/64ビット) / Windows® 8 Pro (32ビット/64ビット) /
Windows® 7 Professional (32ビット/64ビット) SP1
  • *1 設定パワーを最大にした場合の、加工点における出力です。(出荷時)
  • *2 ワーク間距離には製品ごとに約±0.5mmの個体差があります。
  • *3 起動時の突入電流(代表値)は次のとおりです。(流れる時間は10ms以下) ・・・ 220VAC 時:100A
  • *4 コントローラ、ヘッド共通。結露および氷結なきこと。
  • *5 MicrosoftおよびWindows®は、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
■この商品に関する詳しい情報は

以上

【ご注意】

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。