会社情報

沿革

1958年2月 株式会社大興電機製作所の事業拡張の一環として、株式会社大田原電機製作所を創立
通信用リレーを始め通信機器、電子機器を製造
1993年4月 株式会社大興電機製作所よりリレー事業を引き継ぎ、自動車電装ユニット用リレーの専業メーカーとしてスタート
1993年7月 大田原市上石上に新社屋を建設し、社名を株式会社タイコーデバイスに変更
1997年3月 TA・TBリレーの自動生産ラインによる生産及び販売を開始
1998年10月 北米連絡事務所開設
1999年7月 QS-9000/ISO 9001 認証登録
2001年11月 中国工場生産開始
株式会社タイコーデバイステクノを設立
2002年1月 TA・TBリレー累計生産1億個達成
2003年11月 中国工場 ISO/TS 16949 認証登録
2004年2月 ISO 14001 認証登録
欧州連絡事務所開設
2005年9月 ISO/TS 16949 認証登録
栃木県イメージアップ貢献賞受賞
2006年3月 タイコーデバイスノースアメリカ設立
中国新工場(秦康電子有限公司)設立
2007年5月 経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される
2007年7月 栃木工場(大田原)拡張
2010年1月 パナソニック電工株式会社のグループに加わる
2010年10月 社名をパナソニック電工タイコーデバイス株式会社に変更
2012年1月 社名をパナソニック デバイス タイコー株式会社に変更
(パナソニック電工株式会社とパナソニック株式会社との合併に伴い)
2013年3月 中国工場 ISO14001 認証登録
2013年12月 OHSAS18001 認証登録
2014年2月 当社および中国工場ISO27001 共に認証登録
2016年3月 中国工場 松下泰康電子(深セン)有限公司をパナソニック株式会社の直接子会社に

ページの先頭へ